健康と幸せ

野菜炒め、料理の基本

|   TOP   | 寒天料理  | 料理の基本  | 中華料理  | 和食料理  | 韓国料理  | 洋食料理 

ご家庭で簡単、野菜炒め。簡単料理のレシピ

■主な材料
キャベツ、人参、竹の子水煮(缶など)、ピーマン、生シイタケ
豚バラ薄切り、又は豚小間肉、又はベーコン
炒め用油
塩、胡椒
オイスターソース

■作り方下準備
キャベツは縦割りに半分に。白い芯を除く。半丸のまま幅2〜3cmでザクザク切る。、にんじんは4〜5cmの長さに切る。

次に縦に半分にする。(半円の筒型)。それをさらに薄く切る。(短冊型に切れる)。竹の子も同じようにして薄切りにする。

ピーマンは頭と尻尾を切り落とし、二つに縦に割って、それを5mm〜1cm位の幅で縦長に切る。

シイタケは薄く、斜めそぎ切りにする。

バラ肉またはベーコンは5cm位の長さに切る。
豚小間使用の場合は、適当な大きさに切るだけで良い。

■調理
中華なべに炒め油を入れ、熱しておく。熱が行き渡ったら、豚肉又はベーコンを入れ、塩、胡椒を振り掛け、さっと炒める。ここで火が通らなくて良い。

次に、にんじん、しいたけ、ピーマン、きゃべつ、竹の子の順に入れて火が通るまで、強火のまま炒めていく。

最後に、中華鍋の淵から、オイスターソースを入れて、サッと熱して終わり。

野菜炒め料理のコツと注意点

■料理のコツ
肉野菜炒めのコツは、材料のカットの仕方にある。

次に重要なことは、野菜を火が通りにくいものから先に入れて、火を通してゆく。

フライパンでも出来るが、大きいものが良い。また、テフロン加工のものでしたら、いっぺんに出来るのは少ない。なぜなら、野菜炒めは強い火で仕上げるのがコツ。鍋を傷めてしまう。

量を多く作るときは、必ず2回以上に分けて調理する。その場合は、一回作り終わるたびに、中華鍋を水、又はお湯でさっと、たわしなどを使って洗い流す。(洗剤は使用しないこと)

トップページへ

BB社長のお食事、東京カフェテリア 暮らしの料理レシピ 食事と健康の知識 冬のソナタ、新貴公子、美しき日々 シャラポワ、イ・ビョンホン、冬のソナタ写真つき記念切手。通販 社員食堂を手作りで。給食業者 スピードミントン。テニス・バドミントン・ラケットボールの3種類のラケットゲーム。シャラポワ。 パスタ&パスタソース。スパゲティ ごはん、お粥、お赤飯 リゾット、魚介類、キノコのリゾット 惣菜、中華丼、マーボー豆腐他 お菓子、ケーキ、チーズ、チョコ、モンブラン ハヤシライス 作り方、レシピ カレーライスの思い出とカレーレシピ レトルトカレーで美味しいカレーライス カレーライスの作り方とレシピのコツ レトルトカレー、ライスカレー缶でシンプル食生活 カレーライスと、相互リンク募集