健康と幸せ

マーボー豆腐、料理の基本

|   TOP   | 寒天料理  | 料理の基本  | 中華料理  | 和食料理  | 韓国料理  | 洋食料理 

ご家庭で簡単、マーボー豆腐 中華料理のレシピ

■主な材料
絹ごし豆腐、豚ひき肉、白ネギ
古根生姜、豆板醤
片栗粉

酒、しょうゆ、鶏がらスープの素(中華スープの素)

■下準備
絹ごし豆腐を8等分位の大きさに切っておく。大きさは好みで、出来るだけダイスのように正四角形になるようにする。

ザルに上げて水を切っておく。

は食べやすい大きさに切り、鍋に入れかぶる位の水と共に中火にかけ、煮立てばザルに上げて水気をきる。

白ネギを縦割りにし、さらに縦割りにする。(4本になる)
これを輪切りにしていくと、粗いみじん切りになる。

古根生姜を皮をむいてみじん切りにする。

鶏がらスープの素をお湯で溶いておく。(中華スープとなる)

片栗粉を水で溶いておく。(水溶き片栗粉となる)

水溶き片栗粉はしばらくすると、片栗粉が水底に沈んで固まるので、鍋に入れる直前に、もう一度しっかりと撹拌すること。

■調理作り方
中華鍋に油を熱し、ネギ、古根生姜を炒め、さらに豆板醤を入れて加熱する。

豚ひき肉を加え火を通す。

酒、しょうゆ、鶏がらスープを湯で溶いてあったものを加え、煮立てる。
豆腐を加える。再び煮立てる。豆腐に火が通った頃に、豆腐が崩れないように、鍋の底から静かに、上下が入れ替わるようにする。

水溶き片栗粉を静かに流し入れる。

火が通ると、透明になり、とろみが付いてくる。

マーボー豆腐料理のコツと注意点

■料理のコツ
マーボー豆腐の一番失敗しやすいのは、水溶き片栗粉を入れるとき。
十分な量の片栗粉を溶いておく。準備の量が少ないと、足りないときに慌てて失敗する。
余ったからといって、沢山入れない。残ったのは捨てること。

なお、水溶き片栗粉を入れて、しばらくはとろみが付かない。そのため片栗粉を入れすぎて失敗する例が多い。

トップページへ

BB社長のお食事、東京カフェテリア 暮らしの料理レシピ 食事と健康の知識 冬のソナタ、新貴公子、美しき日々 シャラポワ、イ・ビョンホン、冬のソナタ写真つき記念切手。通販 社員食堂を手作りで。給食業者 スピードミントン。テニス・バドミントン・ラケットボールの3種類のラケットゲーム。シャラポワ。 パスタ&パスタソース。スパゲティ ごはん、お粥、お赤飯 リゾット、魚介類、キノコのリゾット 惣菜、中華丼、マーボー豆腐他 お菓子、ケーキ、チーズ、チョコ、モンブラン ハヤシライス 作り方、レシピ カレーライスの思い出とカレーレシピ レトルトカレーで美味しいカレーライス カレーライスの作り方とレシピのコツ レトルトカレー、ライスカレー缶でシンプル食生活 カレーライスと、相互リンク募集