健康と幸せ

ジンギスカン、料理の基本

|   TOP   | 寒天料理  | 料理の基本  | 中華料理  | 和食料理  | 韓国料理  | 洋食料理 

ご家庭で簡単、ジンギスカン焼肉、料理のレシピ(蒙古、モンゴル)

■主な材料
羊肉(成羊の肉はマトン)、ラム肉(ラムは子羊の肉)のスライス又は、小間肉
牛肉(焼肉用のカルビ、ロースなど)も美味しい。
もやし、ピーマン、玉ねぎ(又は長ネギ)、人参、茄子

ジンギスカン用のロース肉

■たれ
醤油、味醂
和 風 = もみじおろし、あさつきのみじん切り、ゆずの細みじん切り
中華風 = 豆板醤など、ニンニクのすりおろし(ニンニクは好みで)
韓国風 = コチュジャン、ごま油、砂糖、ニンニクのすりおろし(ニンニクは好みで)

■我が家のジンギスカンのたれ
りんご、人参、玉ねぎなど好みの野菜、果物を卸がねですりおろします。これを
醤油、味醂と合わせます。

■作りかた、料理法
もやしは、洗ってザルで水を切って置きます。
ピーマンは頭と尻尾を切り、種を取り、縦て割りします。
玉ねぎは、輪切りにします。
人参は、薄い短冊に切ります。
茄子は輪切りにします。

■焼き方
ジンギスカン専用の焼き鍋(蒙古兵のカブトのような形をしている)をコンロにかけ、熱します。鍋が熱くなったら、油を薄くひいて、肉を鍋の上の方にのせて焼きます。それからすぐに、鍋の山形の裾野の方に、野菜を乗せて焼きます。

肉の片面が焼けたら、反対にして焼きます。焼けた野菜と一緒に、タレにつけながら頂きます。

タレは簡単なので、和風、中華、韓国風と幾つか作っておいて、タレには好みの薬味を添えておきます。

ジンギスカン料理のコツと注意点

■ジンギスカンの由来
モンゴルがジンギスカン、フビライなどの元、大帝国を建設しました。その遠征には、食料として羊の干し肉などを持参していました。しかし、干し肉にすると味もビタミンなどの栄養も格段に落ちます。それで、遠征用の食料として、羊を生きたまま連れて行軍すれば良いわけです。

羊の肉は、宗教上の制約が少ない(インドのジャイナ教徒さんたちのような菜食主義の方たちを除く)などの理由で、世界では広く食べられている食肉です。また栄養分としてカルニチン、コラーゲンなどが多く、またその脂肪は吸収されにくとされています。

トップページへ

BB社長のお食事、東京カフェテリア 暮らしの料理レシピ 食事と健康の知識 冬のソナタ、新貴公子、美しき日々 シャラポワ、イ・ビョンホン、冬のソナタ写真つき記念切手。通販 社員食堂を手作りで。給食業者 スピードミントン。テニス・バドミントン・ラケットボールの3種類のラケットゲーム。シャラポワ。 パスタ&パスタソース。スパゲティ ごはん、お粥、お赤飯 リゾット、魚介類、キノコのリゾット 惣菜、中華丼、マーボー豆腐他 お菓子、ケーキ、チーズ、チョコ、モンブラン ハヤシライス 作り方、レシピ カレーライスの思い出とカレーレシピ レトルトカレーで美味しいカレーライス カレーライスの作り方とレシピのコツ レトルトカレー、ライスカレー缶でシンプル食生活 カレーライスと、相互リンク募集