健康と幸せ

ハンバーグステーキ、料理の基本

|   TOP   | 寒天料理  | 料理の基本  | 中華料理  | 和食料理  | 韓国料理  | 洋食料理 

ご家庭で簡単、ハンバーグステーキ 洋食、料理のレシピ

■材料
合挽き肉(牛ひき肉と豚挽き肉の合挽き)
玉ねぎ
パン粉(生パン粉、または食パンの耳などを細かくしたもの)

調味料、塩、胡椒、ワインなど

■作り方、料理のレシピ
玉ねぎをみじん切りにする。
玉ねぎの皮を取り除きます。頭と根の部分を切り落とします。たてに切り、半球にします。切り口を下にすれば、安定します。玉ねぎの繊維を切るように、薄切りにします。薄く切れば切るほど、後の仕事が楽です。後は、細長くなったのをさらに刻みます。
(玉ねぎを薄くスライスしてあれば、みじん切りは適当で可です)

玉ねぎのみじん切りに、塩をまぶして混ぜておきます。塩は、塩味に使う分量をここで、全部、玉ねぎのみじん切りと合わせてしまいます。しばらく放置すると、しなって、やわらかくなります。水が出てきても、捨てないで。野菜の細胞から出てきた水は、とても体に良いのです。

合いびき肉に胡椒をふりかけて、軽く練ります。生パン粉、塩でしならせた玉ねぎのみじん切りを合わせて、良く練ります。

■片面3分ずつ焼く。
形を整えて(小判型にして、内側を凹ませる)、フライパンに並べます。フライパンに蓋をして、やや弱めの火で、約3分間焼きます。それからフライ返しで反対にし、ワイン又はウィスキーなどを振りかけて、蓋をしてさらに3分焼きます。

これで出来上がり。

ハンバーグステーキ料理のコツと注意点

■ハンバーグの注意とか、コツ
1.玉子は入れないで下さい、肉の香りと味が損なわれます。また余計なものを入れないで下さい。

2.パン粉は必ず入れて下さい。玉ねぎと肉の汁を吸って、中で美味しいスープになり、それが焼いても流れ出すのを防いでくれます。

3.玉ねぎは必ず塩をまぶして、しならせて下さい。

4.玉ねぎを炒めてからひき肉と合わせて、練ると書いたものがあります。次のような理由で、オススメできません。

まず、余計な手間が増えます。次に、ハンバーグの生地が余った場合、保存期間が短くなります。さらに、玉ねぎを何回も加熱することにより、ビタミン、ケルセチン、オリゴ糖などの健康成分が減少することも考えられるでしょう。

■玉ねぎを炒めておくことにより、ハンバーグの火の通りが早くなることは期待できます。それは、肉よりも、玉ねぎの方が火の通りに時間がかかるからです。でも、肉はちゃんと加熱する必要はあります。でも、玉ねぎは半生になったとしても、失敗ではありません。野菜は元来、生でも食べられるものですし、加熱を繰り返すほど、食品の栄養は少なくなってしまいます。

トップページへ

BB社長のお食事、東京カフェテリア 暮らしの料理レシピ 食事と健康の知識 冬のソナタ、新貴公子、美しき日々 シャラポワ、イ・ビョンホン、冬のソナタ写真つき記念切手。通販 社員食堂を手作りで。給食業者 スピードミントン。テニス・バドミントン・ラケットボールの3種類のラケットゲーム。シャラポワ。 パスタ&パスタソース。スパゲティ ごはん、お粥、お赤飯 リゾット、魚介類、キノコのリゾット 惣菜、中華丼、マーボー豆腐他 お菓子、ケーキ、チーズ、チョコ、モンブラン ハヤシライス 作り方、レシピ カレーライスの思い出とカレーレシピ レトルトカレーで美味しいカレーライス カレーライスの作り方とレシピのコツ レトルトカレー、ライスカレー缶でシンプル食生活 カレーライスと、相互リンク募集