健康と幸せ
|   TOP   | メルマガ登録  | 子供をきれいに  | コーヒーの出し方  |  PROFILE  |  Links 

和食料理、ご家庭で健康・節約・簡単料理


ご家庭で簡単、良く使う和食料理のレシピ


和食一口メモ。【 和食の欠点 】

和食料理の欠点は、塩分が多いということです。

洋食と同じ量の塩分を使うと、和食の方が塩味を強く感じます。煮込んでいる間に、しょっぱくなりやすいです。

和食では肉よりも魚を使うことが多いですが、肉は脂肪が多いので、調味料を振りかけても、しみ込みにくいのです。 脂肪が邪魔をするわけです。ところが、魚は水分が多いので、調味料の味が浸み込みやすいのです。

それが、和食をしょっぱく感じさせます。 少ない量の塩で、塩分を感じるということは、逆に言えば、洋食、特に、ハムソーセージのように知らずに塩分を取りすぎてしまうことがありません。

例えば、ハム、ソーセージはとても塩分が多い食品です。 商品の成分表で確認なさると良いでしょう。でも、食べる人はそれほど塩分が多いと感じていないのです。

和食の練り製品、かまぼこ、竹輪、さつま揚げなどは、塩分が多いです。これは食べる人も塩っぱいと気づかれると思います。ですから、魚の練り製品と、ソーセージなどの肉の加工品(練り製品?)と、どちらが罪が重いかといえば、肉の加工品だと思います。

それは、塩分の多さを気づかずに、食べ続けてしまうからです。
/div>


トップページへ

BB社長のお食事、東京カフェテリア 暮らしの料理レシピ 食事と健康の知識 冬のソナタ、新貴公子、美しき日々 シャラポワ、イ・ビョンホン、冬のソナタ写真つき記念切手。通販 社員食堂を手作りで。給食業者 フルーツゼリーの作り方 ご飯を鍋で炊く 中華スープの取り方 チャーハン ラーメン中華麺 ラーメンスープ ラーメン用シナチク ラーメン用チャーシュー 野菜炒め マーボー豆腐 焼肉丼 鶏のから揚げ